子育ての悩みをランキングで知りたいあなたへ

子育て悩みランキングと解消法を紹介!

このページでお話しする内容

 

ここでは、

子育ての悩みについて紹介します。

 

自分の思い通りにならないことや
どうしたら良いのかわからず
悩むことやイライラすることも
多くなるかと思います。

 

これを知れば、
悩むことも減ってくると思います。
そして子育てが今よりも
もっと楽しくなりますよ!


 

2・3歳〜5歳までの子育ての悩みランキング

悩み
子育てで悩まれている方は多いかと思います。
特に初めてのお子さんだと、お母さまも
わからないことだらけでいっぱいいっぱいになってしまって
余計いらいらしてしまうことも多いかと思います。

 

 

そんなママさんたちが抱えている
子育ての悩みには、どんなことが
あげられるのかを年齢別にまとめてみたので
参考にしてみてくださいね!

 

友達に関する悩み

 

・友達にいつも強く言ってしまう
・先生のいないところで意地悪をしてしまう
・自分の思い通りにいかないと手が出てしまう

 

幼児期というのは、次第にお友達にも
関心を持ち始める時期でもあります。

 

関心を持ち始める時期だからこそ
お友達同士のトラブルも多くなって
ママさんたちはハラハラしたりストレスも
多い時期かと思います。

 

でもこれも成長している証
もちろんいけないことはいけないと伝えてあげることが
大切ですが、成長の過程だと思って
見守ってあげてくださいね。

 

 

癖に関する悩み

 

・指しゃぶりがなかなか治らない
・寝るときにお母さんの髪を触っていないと寝れない
・爪を噛む など・・・

 

なかなか癖が治らなくて困っているママさんも多いよう。
理由を言っても納得できない年でもありますし
癖は何かの原因があります。

 

その原因を取り除いてあげるだけで
子どもも安心できるようになって
ママさんたちもうんと楽になるかもしれませんね。

 

 

しつけに関する悩み

 

・なかなか挨拶ができない
・友達のおもちゃを取ってしまう
・立ってご飯を食べる等・・・

 

家で頑張ってしつけをしていても
なかなか外で結果が出ないとお母さんたちも
どうしたら良いのかわからなくなってしまうし
嫌になってきてしまいますよね・・・。

 

しつけをしたからと言ってすぐに行動にあらわれません。
個人差もありますが、時間がかかることなので、
気を長くしてゆっくりと付き合ってあげましょう。

 

 

悩みすぎて抱え込んでしまったり
ストレスになったりしないように
気を付けてくださいね。

 

 

しつけに関する記事がこちらに詳しくまとめています。
いつからやっていくのが良いのか
どのようにしつけていくのが良いのかなどについて
悩まれている方は是非
こちらも参考にしてみてくださいね!

 

 

幼稚園で起こるトラブルや幼児関係について

ようちえん
幼稚園ではいろいろな子どもたちと関わります。

 

その中で、意地悪を言われたりされたり、
また仲間外れにされたりなど、いろいろなことがあり、
お母さまたちもそのような場合どうすればよいのか
どこまで介入したらよいのかわからない方も
多いかと思います。

 

 

基本的に幼稚園のことは
幼稚園で解決するのですが、
子どもが家に帰ってきて、幼稚園での嫌なことを
話すのは心のどこかで引っかかっているからです。

 

 

幼稚園から電話がかかってきていればその話をもとに
子どもと話すことができるのですが、
お母さまが内容を全く理解していないうえで
子どもの話を聞いても全く意味がありません。

 

 

幼稚園に電話をして話の内容を理解する

 

子どもが嘘をついていることもあるので、
まずは担任の先生に話を聞き
お母さま自身が話の内容を理解することが大切です。

 

トラブルがあった場合、子どもにも何か
原因があった場合もあります。
(一方的にやられてしまった場合もありますが・・・)

 

 

子どもの話を聞く

 

内容をきちんと理解出来たら
次は子どもの話をしっかり聞いてあげる
ということを大切にしましょう。

 

子どもにも原因があった場合、
子どもがどういう意図でやってしまったり言ってしまったのかと
いうことも話を聞けばわかります。

 

 

子どもの気持ちを受け止めつつお母さまの意見も伝える

 

話を聞いて間違っていることは
きちんと伝えてあげましょう。

 

ただ、間違っていることがあれば、
それを叱ったりするのではなく、
【ママはこうすると良かったと思うな・・・】と伝えてあげるように
言ってあげるとお母さまからの言葉も受け入れやすいです。

 

 

また、お母さまの意見を伝えるときのポイントは
子どもの気持ちを受け止めてから伝えるということ。

 

 

【○○はこうしたかったんだね。
でもこういう風にされたからお友達も意地悪されたと
思っちゃったんだね。○○がこういう風に伝えてあげたら
よかったんじゃないかな?】というように
まずは子どもの気持ちを受け止めたうえで
お母さまの意見を伝えてる
ようにしましょう。

 

 

幼稚園で起こったトラブルなどは、殆どが幼稚園で
解決するので、親が入る必要はありませんが、
子どもが気にしているようであれば話を聞いてあげましょう。

 

 

また、子ども同士のトラブルで
相手の子に怪我をさせてしまった場合については
きちんと誠意ある対応をしていくことが大切になります。
そんな対応などについてよかったらこちらのページで紹介
していますのでこちらも参考にしてくださいね。

 

 

悩みで多い発達について

発達
お母さまたちが抱えている悩みで多いのが発達のこと。
そんな発達障害の種類について紹介します。

 

まず発達障害の種類としては、主に3つあります。

 

 

自閉症スペクトラム

 

自閉症スペクトラムとは、
周りの人にあまり興味がなくコミュニケーションを
とるのが苦手
という特徴があります。

 

親とのコミュニケーションもうまくできないので
悩まれる親御さんもおおいようです。

 

その子に最適なコミュニケーションの取り方
見つけられると、親御さんの悩みやストレスも
少なくなるでしょう。

 

 

注意欠陥多動性障害(ADHD)

 

特徴としては、集中力に欠けていたり、
注意力が維持しにくい、自己主張が強い、
コミュニケーションが苦手などがあげられます。

 

自分の衝動が抑えられないこともあって、
みんなで何かをしている最中でも、
お部屋から急に飛び出してしまったり
ずっと座っていられなくて動き出してしまうなど
集団行動で問題を起こしてしまい、
悩まれる親御さんが多いよう。

 

怒っても何も変わりません。
できるだけ怒らずに、たくさん褒めてあげるようにしましょう。

 

 

学習障害(LD)

 

基本的に知的の遅れはありませんが、
聞いたり話したり、書いたり読んだり・・・
といった学習能力のうちのどれかが低下していて
学んで応用することが難しい状態。

 

黒板の文字をノートに写せなかったり
教科書のどこを読んでいるのか
分からなくなってしまったりなど・・・

 

苦手分野だと思われたり、本人がさぼっていてると
思われてしまいがち。

 

その子に合った個別の援助や指導が必要です。

 

 

障害についてしっかりと理解し、
その子に合った最善の方法を見つけてあげることで
のびのびと育っていくことができるので
そんな環境を作ってあげることが大切ですね。

 

 

発達障害の子どもへの正しい接し方について
こちらでまとめていますので、こちらも是非
参考にしてくださいね。

 

 

食事で多い悩みと解決法

食事
食事の際に、

 

・全然食べない
・偏食をする
・遊び食べをする
・食べ始めるまでに待てない等・・・

 

食事でいろいろ悩まれている方も多いかと思います。

 

ここではそんな食事での悩みを解決できるよう
おすすめの方法を紹介したいと思います。

 

 

同じものばかり食べる

 

これなら子どもが好きだから、とたくさん食べてほしいあまり
好きなものをたくさん作ってしまっていませんか?

 

好きなものばかり食べるという習慣がついてしまうと
なかなか珍しいものが出てきても食べてくれません。

 

なので、色々な調理法でいろいろな味を
覚えられるようにしていくことが大切です。

 

少しでも食べることができたら、たくさん褒めて
褒められたことを喜びにつなげ、また食べてみようかな
と思ってもらえるようにしていくことも大切です。

 

 

あまり食べない

 

間食をしすぎたりすることも原因として考えられます。
もしくは、食が細い場合もあります。

 

そのような場合に無理に食べさせたり、
叱ったりすることは絶対にいけません。

 

あまり無理に食べさせてしまっても
食べることが嫌になってしまいます。また、
叱ったりすると、食べられない自分が悪いと
自分を責めてしまうこともあります。

 

あまり食べないと心配になってしまいますが、
基本的には幼児身体発育曲線のカーブに沿って
身長・体重が増えていて元気であれば、
全く問題はありませんので
その子のペースでその子の適量を
食べさせてあげるようにしましょう。

 

 

食べ過ぎる

 

食べ過ぎてしまうのは、なんでもかんでも
与えすぎてしまっていたり
我慢をするという習慣が育ってないことも
原因の1つとして考えられます。

 

なので、自分のお皿のものがなくなったらご馳走様と
視覚的に教えてあげることも大切です。

 

 

遊び食べをする

 

食事の最中にふらふらと立ち上がって遊びに行ってしまったり
立ち上がってしまう子も時々います。
これはご飯を食べる環境が整っていないことや
食事が楽しいものだと感じられていないことが
原因として考えられます。

 

例えば、おもちゃが散乱している中、
おもちゃが見えているところでご飯を
食べていても気が散ってしまって
ご飯に集中できません。

 

そうすると当たり前のことですが、
子どもは遊びに行ってしまいます。

 

なので、おもちゃの部屋の扉を閉めたり
おもちゃをしっかりと片づけてからたべるなど
まずはご飯に集中できる環境を整えること。

 

そして一人で食べさせるのではなく、
一緒に食べて、おいしいね〜これは何かな?と
食に興味を持って食が楽しいものだと思えるように
していくことも大切です。

 

 

食べるのが遅い

 

与える量が多すぎることや、食事が終わる時間が
意識できていないことも考えられます。

 

沢山食べてほしいあまりたくさん作りすぎてしまう
方もいますが、子どもはそんなにもたべられません。

 

また、終わる時間が意識できていないと、いつまでも
ぐだぐだとしてしまうので、「長い針が12になったら
ごちそうさまだよ〜」などと、きちんとごちそうさまの時間を
伝えてあげることも大切
です。

 

基本的に子どもが集中できる時間は
20〜30分程なので、その時間で
食べられる適量を作ってあげましょう。

 

 

食の悩みは、何かこちらにも原因があることもあるので
直せる部分は直していきましょう!

 

 

こちらでは食事のマナーについて詳しく
まとめていますので、こちらも併せてご覧くださいね!

 

 

男の子の保育の仕方がわからないときは?

おとこのこ
男の子の育て方で悩んでいる方も多いようです。

 

 

女性と男性は、
右脳と左脳の連携の違いがあるそうです。

 

大人の男女を比べたときにもわかるように、
女性というのは、普通に何時間もおしゃべりすることができます。

 

でも、そのような立ち話が何時間もできる
男性というのは少ないと思います。
男性は女性よりも言葉が少なめなのです。

 

 

また、女性は複数のことを同時にできる人が多いですが
男性はひとつのことしか
考えられない・できない人が多い
です。

 

 

このように「男の子」と「女の子」の脳には
違いがあるので、もちろん違いがあるのも当然ですよね。

 

 

幼稚園に入る3歳頃になると、自我も強くなり、
「反抗期」
を迎えます。力も強くなってくるので
お母さまの手を焼くことも増え、今まで以上に
大変だと思うことが増える時期ですよね・・・。

 

 

手がかかることや、どうしてうちの子はできないんだろう…と
悩むことも多くなる時期ですが、これは誰もが
通ってきた道で成長の証です。
イライラすることも多いかと思いますが優しく見守ってあげましょう。

 

 

この時期はもう一生戻ってきません。
そう思うことでこの姿さえ愛おしく
一瞬一瞬の時間を大切にできるようになるかと思います。

 

 

 

また、男の子は女の子とは違って、
考え方や言葉の受け取り方も不器用なので、
女の子のような伝え方で男の子にも伝わると
思ったら大間違いです。

 

 

叱る際も基本的に回りくどい言い方が
通用しない
ので伝えても右から左です。

 

 

女の子は、「○○は●●だから△△しようね」
と伝えてもすぐに理解できるのですが、
男の子は、それでは伝わらないのでお母さまも
いらいらしてしまうのです。

 

 

「△△しようね」と伝えたい一番大切な部分を
端的に言うのが効果的なのです。

 

一人で悩まないで!電話で相談ができる窓口

電話
やはり子育てをしていると、いろいろな悩みも
でてくるかと思います。1人で悩んで病んでしまったり
誤った判断をして取り返しのつかないことに
なってしまってもいけません。

 

 

悩んだときは、電話相談を
利用するのがおすすめです。

 

 

通話料が発生するところもありますが、基本的に
無料で相談ができる窓口が多いです。

 

 

ママさん110番

 

日本保育協会が運営している相談窓口。
保育のプロが的確なアドバイスをしてくれます。

 

対応分野 子育て全般
TEL 03-3222-2120(通話無料)
時間 火〜金10:00〜12:00 13:00〜16:00

 

 

子育て・思春期・更年期 女性のあらゆる相談室

 

日本助産師会が運営をしている
無料電話相談窓口。

 

相談できるのは週に一回のみですが、
子育てだけでなく、女性のあらゆる悩みに
対応してくれます。

 

対応分野 子育て、婦人科や性・不妊の悩み、更年期など
TEL 03-3866-3072(無料)
時間 毎週火曜日10:00〜16:00

(祝・祭日・お盆・年末年始を除く)

 

エンゼル110番

 

森永乳業から委託を受け、運営をしている
森乳コミュニケーション株式会社の相談窓口。

 

子どもの発育や食事などいろいろな相談にのってくれますよ。

 

対応分野 妊娠中から就学前の子供の育児相談
TEL 0800-5555-110(フリーダイヤル)
時間

月〜土10:00〜14:00
(日・祝・年末年始を除く)

 

 

のびのび子育て電話相談

 

「日本児童家庭文化協会」が運営。

 

子育てに関する悩みを看護師や
保健師など、それぞれの専門家が対応し
適切なアドバイスをくれます。

 

対応分野 子育て全般ここに説明文を入力
TEL 03-3428-0192(無料)
時間 月〜金10:45〜15:00

 

 

電話対応で顔が見えないので、話しにくい内容でも
比較的話しやすいと思いますし、おすすめです。
一人で悩まず早めに相談するようにしましょう。

 

 

また、子育てに疲れ
自分で簡単にできる解消法などについて
こちらのページでもまとめていますので
よかったらこちらも参考にしてみてくださいね!

 

 

【おすすめ】子どもが泣く時はどうすればいい?

泣く
子どもが泣いたり、ずっと泣き止まない・・・
そんなときはお母さまもイライラしてしまうかと思います。

 

 

もういい加減に泣き止んで!
いつまで泣いているの!!
泣いていてもわからないわよ!!!

 

言ってはいけない言葉だと
わかっていても言ってしまう。

 

 

そしてそんな自分に後から悔やんで
どうしたら良いのかわからず悩む
という人も多いのではないでしょうか?

 

 

特に自分に余裕がないときや、
ストレスが溜まっているとき
などは、
何か理由があって泣いているってわかっても
泣かれるだけでイラっとしてしてしまいますよね。

 

 

そんな子どもが泣くときの対処法について
こちらのページで紹介していますので
子どもが泣き止まない。
泣いてイライラしてしまう。と悩んでいる方は
よかったらこちらも参考にしてみてくださいね。

 

 

【必見】子どもの行動で悩むことが8割減る育児法

こそだてがぞう

子どもの行動に毎日
頭を悩ませていませんか?

 

 

子どもは毎日あらゆる行動をします。

 

 

それは発達過程で見られる行動でもありますし、
また満たされない気持ちからきている
行動かもしれません。

 

 

子どもというのは、どの子でも
必ず抱いている気持ちがあります。

 

 

この気持ちが満たされていない子どもというのは、
様々な行動で見てアピールをします。

 

 

それは、例えば大声で叫んだり噛んだり叩いたり、
癇癪を起こしたり・・・

 

大人からしたら何でそんなことをするの!と
叱りたくなってしまうようなことばかり。。。

 

 

でもこれは子どものSOSでもあるのです。
(もちろん別の理由の場合もありますが・・・)

 

 

しかしこのような行動を見たときに殆どの
大人というのは、原因を考えることなく
行動だけを叱ったりしてしまうのです。

 

 

それによって子どもの行動はさらに悪化してしまい、
そしてそれに対し、また大人は叱る。
悪循環なのです。

 

 

ではどうすればいいのか?
それは子どもの抱いている気持ちを満たせられるような
接し方を常に意識していく。ということなのですが、
なかなかできないですよね?

 

 

これができるようになれば
子どもの行動も落ち着いてきて、
叱ったりすることも減って、
子育てがうんと楽になります。

 

 

そんな子どもが望んでいる接し方については、
私の7日間の無料講座の方で
限定公開しています!

 

 

※どなたでも無料で受講できますので、
是非こちらからチェックしてみてくださいね!

 

子育てボタン

 

【動画で解説】子育ての悩み解消法

【子育て悩みランキング】2歳・3歳〜5歳の行動について記事一覧

このページでお話しする内容ここでは、子どもが泣くときの対処法を紹介します。子どもが泣き止まなくて悩んだりイライラしたりしていませんか?ここで紹介する対処法を知れば、泣くことに悩まなくなります。イライラも減って子育ても今より楽しくなりますよ!!目次1.泣く理由がわからないとき放置すれば治まる?2.思い通りにならないと泣き叫ぶ3歳児には?3.幼稚園に行くのを嫌がる場合4.過呼吸になってしまった場合はど...

このページでお話しする内容ここでは、走り回る子供の対処法を紹介します。どこでも走り回ってしまうから、怪我したら危ないし人にも迷惑がかかるからやめてほしい・・・そんな方も多いのではないでしょうか?これを知れば、正しい対処法がわかるようになります。そうすれば自然と落ち着いていくようになりますよ!目次1.落ち着かない子どもの原因とは2.子どもに効く注意の仕方について3.発達障害で考えられるものとは?4....

このページでお話しする内容ここでは、イヤイヤ期の対応について紹介します。どの子にも必ず来る魔のイヤイヤ期…頭を悩ませているママさんたちは多いかと思います。でも適した対応を知ればイヤイヤ期もうまく付き合えるようになります。それによって悩むことやストレスも減ってきますよ!目次1.どのようなもの?いつまで続くのか?2.イヤイヤ期がない子もいるの?3.3歳のイヤイヤ期のしつけがうまくいくポイント4.癇癪が...

このページでお話しする内容ここでは、兄弟喧嘩をしたときの対応について紹介します。兄弟がいるとどうしても兄弟喧嘩はつきものですよね。特に男の子兄弟だと、多いと毎日のように勃発する喧嘩に頭を悩ませているお母さんも多いのではないでしょうか?これを見れば、喧嘩の必要性もわかると思います。そして必要性がわかれば、正しく対応していくことができるようになりますよ!目次1.年齢別の喧嘩の原因について2.幼児の兄弟...

このページでお話しする内容ここでは、赤ちゃん返りの対応について紹介します。下の子が生まれると、赤ちゃん返りをする子も多いと思います。それによって悩む方も多いのではないでしょうか?これを見れば、子どもの心理がわかるようになります。心理がわかれば、適切な対応ができ子どもも落ち着いていきますよ!目次1.原因・症状はいつからいつまで続く?2.2歳・3歳・4歳・5歳の適切な対応について3.おもらしが増えおむ...

このページでお話しする内容ここでは、子ども同士のトラブルの対応について紹介します。子ども同士の喧嘩…親はどこまで介入してよいのか悩まれている方も多いと思います。これを知ればどのような対応が良いかわかります。親子関係も今よりよくなっていきますよ!目次1.幼稚園や保育園で怪我をしてきた場合2.相手の子に傷を負わせてしまった場合の子供への対応3.喧嘩で怪我をさせた場合の保険や治療費4.謝罪や菓子折りはど...

このページでお話しする内容ここでは、友達と遊べない子供の対処法を紹介します。園で過ごす3.4.5歳はいろいろなお友達と関わることも増えてきます。ですが、そんな一方でお友達と遊べない子供も増えてきていて悩むお母さんもいるのでは…?これを見れば、子どもの心理がわかるようになります。そうすれば、適切な対応ができるようになり、お友達とも次第に遊べるようになってきますよ!目次1.友達と遊べない理由や原因とは...

このページでお話しする内容ここでは、幼児の友達関係をうまく築く方法を紹介します。友達の輪の中になかなか入れない友達から避けられている・虐められているこんな姿を見るのは親としても辛いですよね・・・。これを見れば、親がすべきこともわかるようになります。そしてどんな子どもでも友達とうまく関われるようになっていき、子どもの笑顔も増えていきますよ!2.輪の中に入れない時はどう対応したら良い?3.友達ができな...

このページでお話しする内容ここでは、物を隠す子どもの心理や対処法について紹介します。子どもが人の物を平気で隠すと悩んでいる方もいるかと思います。では何故子どもは物を隠すのか?これを見れば、子どもの心理がわかるようになります。心理がわかれば、適切な対応ができるようになり、子どもの行動も落ち着いてきますよ!目次1.物を隠す原因には何があるか?2.物を隠す子どもの心理とは?3.親ができる適切な対応につい...

このページでお話しする内容ここでは、人の物を盗る子供の心理や原因について紹介します。人の物を平気で盗んでしまう子もいますがお母さんとしても不安でしょうし、なるべく早くその行為をやめさせたいですよね・・・。これを見れば、人の物を盗む子どもの心理がわかります。その結果、適切な子どもへの対応ができるようになって、子どもの行動は次第に落ち着いていきますよ!目次1.物を盗む原因について解説します!2.盗む幼...

このページでお話しする内容ここでは、駄々をこねる子どもの心理や対応について解説します。スーパーなどでも駄々をこねている子どもをよく見かけますが、毎回駄々をこねられると、お母さんも対応に困ってついイラっとしてしまうこともあると思います。こちらを見れば、駄々をこねる子どもの心理がわかります。そうすれば、適切な対応がわかり子どもの行動も改善されていきますよ!目次1.子どもの心理について解説!2.駄々をこ...

このページでお話しする内容ここでは、ゲームが子どもに与える影響について解説します。最近では、大人のスマホでゲームをしている子どももたくさん見かけます。そんなゲームが子どもたちに与える影響を知っていますか・・・??これを見れば、ゲームの危険性がわかります。そうすることで、今後のゲームの使い方を改めるきっかけにもなりますよ!目次1.子どもの脳に与える影響について2.旦那のゲームが子供に与える影響とは?...

このページでお話しする内容ここでは、幼稚園に行きたくない子どもへの対処法について解説します。幼稚園に行くのを嫌がったり泣く我が子を見ると、大丈夫かなと不安になってしまいますよね。これを見れば、幼稚園を嫌がる子どもへの対処法や声掛けの仕方がわかります。正しい対処ができれば、子どもも次第に落ち着いていきますよ!目次1.行きたくないと泣く子どもの理由について2.給食・バスが嫌、つまらない、の子どもの本音...

このページでお話しする内容ここでは、歯ぎしりをする子どもの原因と治し方を紹介します。歯ぎしりって音も大きくて気になりますし、こんな小さなころから歯ぎしりしていて大丈夫なの?と不安に思われる方も多いと思います。これを知れば、歯ぎしりの原因・対応がわかります。正しく子どもに接してあげるだけで、子どもの歯ぎしりも徐々に落ち着いてくるようになりますよ!目次1.子供が歯ぎしりをする原因とは?2.幼児の歯ぎし...

このページでお話しする内容ここでは、自傷行為をする子どもの対応を紹介します。子どもが自傷行為をしていると、つい止めてしまったり、叱ってしまったりしてしまう大人たちもいるのではないでしょうか?でも間違った対応をすることで、治るどころか子どもの自傷行為はどんどん悪化してしまいます。これを見れば、正しい対応の仕方がわかります。そうするだけで、次第に自傷行為も落ち着いてくるようになりますよ!目次1.自傷行...

このページでお話しする内容ここでは、発達障害の子どもの接し方を紹介します。発達障害の子どもに対して一般的な子どもと違うからと育てにくさを感じてしまう方も多いですが彼らにもいいところ、優れている部分はたくさんあります。これを見れば、子どもの特性がわかるようになります。そうすることで、急かしたり叱ったりすることも減って、正しい声掛けの仕方がわかるようになって、子どもに届きやすくなりますし、ベストな関わ...

このページでお話しする内容ここでは、自閉症の子供の食事マナーの教え方について紹介します。食べるのが遅い、好き嫌いが多く全然食べてくれない、、など子どもの食事で悩みを抱えている方も多いでしょう。自閉症の子どもたちは、私たちとは少し違った感覚を持っていたりするので、彼らの特性を理解していないと、お母さんもイライラしたり疲れてしまうだけです。これを見れば、子どもたちに合った食事マナーの教え方がわかります...

このページでお話しする内容ここでは、子どものチックの原因と治し方を紹介します。まばたきをこまめにしたり咳ばらいをしたりなど、子どもの気になる行動ありませんか?もしかしたらそれはチックかも・・・。これを見れば、チックの症状や原因などがわかります。それがわかるだけで、子どものチックとうまく付き合えるようになって、症状も落ち着いてくるようになりますよ!目次1.チックって何?種類についても紹介します2.幼...

このページでお話しする内容ここでは、頑固な子供の育て方を紹介します。頑固な子供に対していつになったら性格が治るのかどのように育てるのがベストなのかと悩まれる方も多いです。これを見れば、短所も長所に変えていける見方や子どもへの接し方などがわかるようになると思います。子どもを育てやすくなるので、悩んだりすることも減りますよ!目次1.頑固な子供の性格の特徴とは?2.見方を変えれば長所にだってなる!3.短...

このページでお話しする内容ここでは、手を繋がない子どもの心理と対処法を紹介します。スーパーや駐車場で、手を繋いでほしいのに全然手を繋いでくれないわが子に対して頭を抱えている方も多いのではないでしょうか?特に駐車場では命の危険にも繋がってしまうので怖いですよね。これを見れば、手を繋がない子どもの心理がわかります。子どもの心理がわかるだけで、正しい対応がわかるようになって子どもがスムーズに手を繋いでく...

このページでお話しする内容ここでは、クレーン現象をする子供について紹介します。子どもが何かをしてほしい時などに大人の手を持ってその行動を叶えようとする姿に、もしかして障がいかな・・・と悩まれたり不安に思われている方もいるかと思います。これを見れば、子どもがクレーン現象をする意味がわかります。そうすれば、早めに専門機関を受診する必要があるかどうかがわかるようになるかと思います。また、早期発見にも繋が...

この記事を書いた人

Riisa(かがりいさ) RiisaのInstagram Riisaのline Riisaのyoutube
・子育てと美容の専門家

大手化粧品会社のビューティーアドバイザーとして、ママ自身が綺麗になっていくことで、辛い子育てから幸せな子育てに変えていくプロとして活躍。
愛嬌があり親しみやすいことからママさんたちから絶大な人気がある。数年前、ストレスが原因で化粧もできないほどの酷い肌荒れを経験。この経験から、エステに通いながら美容に関するいろいろな知識やテクニック等を本やセミナーに通い学び、大手化粧品会社のビューティーアドバイザーの資格を獲得。
過去の経験から得たことや学んだことを通して、綺麗になりたいママさんたちに向けアドバイスをし、
  • 子育てに追われ余裕がなかったママさんが、時間の使い方が上手になり、自分の美容だけでなく子育ても楽しめるようになる。
  • 今まで使っていたスキンケア商品の使い方、またメイクのやり方を少し変えただけで、見違える程綺麗になる。
このように幼稚園ママさんたちが激変。この経験からお金と時間をかけずに綺麗になる時短美容法を確立。

また、7年間の幼稚園教諭生活で培った経験と知識を元に、子育てで悩んでいるお母さんたちにアドバイスをし、
  • 子育てのストレスからうつ状態になり、自殺寸前だったお母さんの考え方が3週間で180度変わり、子どもを心から愛せるようになり笑顔で子育てを楽しめるようになる。
  • 落ち着きがなく、気に入らないと泣いて癇癪を起こし、毎日お母さんを悩ませていた子どもが2週間で落ち着くようになる。

  • このようにたくさんの子どもとお母さんが激変。
    この経験から、親子を笑顔に導く子育て法を確立。